介護にも活用できる|食事療法と栄養療法で糖尿病を防ぐ|無理なく続ける工夫をしよう
和食

食事療法と栄養療法で糖尿病を防ぐ|無理なく続ける工夫をしよう

介護にも活用できる

料理

病気で特別な栄養管理が必要であったり、高齢のため普通の食事では十分に栄養を摂取できないという家族がいる場合、毎日の食事作りや家族の体調管理は大変な仕事です。毎日忙しく、メニューを考えている時間もないという人には、クリニコの流動食や栄養補助食品を活用することをおすすめします。インターネットでクリニコのサイトを覗いてみると、様々な種類の介護食や栄養補助食品が紹介されています。商品の種類から選ぶこともできますし、「噛むことや飲み込むことが困難な人向け」など、それぞれの症状や目的から選ぶことも可能になっています。例えば、クリニコの流動食シリーズにはとろみ状や半固形状など、いくつかの種類があります。これを取り入れれば、1日に必要な栄養をバランスよく摂取することができます。また、病気により食事制限が必要な人に向けられた病態ケアシリーズも人気です。クリニコのサイトでは、使用されている栄養成分が細かく記載されているので、安心して摂取することができます。

クリニコの介護食シリーズは、日々の介護で忙しい人の強い味方になってくれます。やわらかいごはんとソースがセットになっており、梅ごはんやカレーごはん、ハヤシライスに中華丼など、メニューも豊富です。常温での保存が可能で、長期保存にも向いています。それぞれのメニューに使用されている材料やアレルギー情報も、分かりやすく一覧表で記載されているので安心でしょう。ごはんの柔らかさを選ぶこともできるので、噛むことが難しい要介護者にも最適です。