改善のためにできること|食事療法と栄養療法で糖尿病を防ぐ|無理なく続ける工夫をしよう
和食

食事療法と栄養療法で糖尿病を防ぐ|無理なく続ける工夫をしよう

改善のためにできること

食事

最新の検査や治療方法

自律神経失調症は、日常のストレスや不安などから自律神経のバランスが乱れて、さまざまな不調があらわれる病気です。病院で検査をしても内臓には異常が見つからず、根本的な治療ができないまま悩んでいる人も多くいます。最近では、自律神経失調症のメカニズムの研究が進み、自律神経失調症の専門外来を設けて治療にあたる病院も増えてきました。自律神経失調症の専門外来では、簡易の検査だけでなく、心電計を24時間装着して自律神経の動きを細かく測定できる解析検査を行っている病院もあり、自律神経のバランスや失調状態をより正確に確認することができます。また、医師による薬物療法だけでなく、専門のカウンセラーが個別に指導する自律訓練法、体を温める温熱療法、独自のサプリメントで症状を改善する栄養療法なども積極的に行われています。栄養療法を行うことで、自律神経失調症以外にも頭痛や慢性疲労、うつ状態を改善することができます。不足している栄養素を栄養療法で補うことができれば、症状が和らいでいくのです。薬物療法と違い薬に頼らないので安心して治療をすることができるでしょう。

日常生活の中での工夫

自律神経失調症の症状を改善するためには、日常生活の中での生活習慣を見直すことがとても大切です。病院でなんらかの治療をしている人も、生活習慣を改善して自律神経のバランスを整える工夫をすることで、治療の効果をより高めることができます。例えば、早寝早起きをして睡眠時間を十分にとること、栄養バランスのとれた規則正しい食生活を心掛けること、適度な運動を取り入れて内臓の働きや血行を促進させること、忙しすぎる生活を見直してリフレッシュタイムを増やすことなどです。さらに、生活の中の精神面にも目を向けて、一生懸命になりすぎずに常に心にゆとりを持つようにすること、言いたいことははっきり言って他人の目を気にしすぎないことなど、考え方のくせをほんの少し変えることでも症状の改善につながります。また、足りていない栄養素に普段から気をつけることも大切です。栄養バランスのとれた食事をとるのであれば、宅配サービスを利用しましょう。今や病気の人向けの弁当を宅配してくれるところが増えているため、気軽に利用することができます。