食事

食事療法と栄養療法で糖尿病を防ぐ|無理なく続ける工夫をしよう

改善のためにできること

食事

自律神経失調症の専門外来を設ける病院は増えていて、自律神経の動きを細かく解析できる検査や薬物療法だけに頼らないさまざまな治療が行われています。病院で治療をしている人も、生活習慣の見直しを同時に行うことで、治療の効果をより高めることができます。

詳細を確認する

栄養で病気を改善する

男の人と女の人

栄養を守ることの重要性

糖尿病は、慢性的に血糖が異常値になる病気です。糖尿病の初期症状として口渇や多尿、頻尿、さらには体重減少などがあり、診断されると早期に医療機関にかからなければなりません。その治療としては、医師や栄養士から定められたカロリーを守る食事療法や栄養療法、適切な有酸素運動を行う運動療法、これらを実施することから取り組みます。そして、採血データなどをみながら、血糖が下がらなければ、薬物療法に移行します。糖尿病で重要なのは、血糖を安定して基準値内に抑えることです。そのためには、日々の食事をしっかり守っていく必要があります。食事療法では自分の症状に合わせた減塩や低カロリーの食事を摂取し、栄養療法では足りていない栄養をサプリメントや点滴で補います。糖尿病改善のためにこれらの療法を長く続けたい場合、色々な工夫をすることが重要です。例えば、食事の塩気を抑えて出汁で味を出すことや、食物繊維を多く含む食材を取り入れるようにします。また、外食では丼物よりも定食を選ぶようにします。また、よく噛んでゆっくり食べるようにすることで、満腹感を感じるため、これも有効です。近頃では、カロリーオフやカロリーゼロの食品が多く出ており、それも取り入れると良いでしょう。栄養療法では医師の指示に従い、足りていない栄養を病食の宅配サービスなどを利用して補うようにしましょう。

低カロリー食品を利用する

糖尿病の患者にとって、カロリーゼロやローカロリー食は、とても重宝するものです。例えば、空腹感を感じたときには、シュガーレスガムを噛むことで、空腹感が解消することがあります。また、水や緑茶などのカロリーゼロの水分を飲むことで、胃を満たすことができます。また、食事の品数が少ないと感じた場合には、こんにゃくやきのこ、海藻、ところてんなどのカロリーが少ない食材で、一品加えることも有効です。また、1単位(80キロカロリー)のチョコやビスケットも、自身の摂取できるカロリーを計算しながらお菓子を楽しむこともでき、人気があります。

便利な宅配サービス

食事

食事制限が必要な腎臓病患者に適した「腎臓病食」を、自宅まで配達してくれるサービスが人気です。この宅配サービスを利用すれば、手軽に塩分やたんぱく質を制限することが可能になるでしょう。

詳細を確認する

介護にも活用できる

料理

クリニコの流動食や栄養補助食品は、食事制限が必要な人に最適です。流動食シリーズや介護食シリーズが人気で、取り入れることで手軽に栄養バランスを整えることが可能になります。

詳細を確認する